<   2011年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ESD-J全国ミーティング2011

仙台でESD-Jミーティングに参加してきた。持続可能な社会(地域)を目指して環境教育に従事する人々の集まり。普段は東京で行われるが今回は仙台の宮城教育大学で全国大会が開かれた。
二日間に渡り開催され、初日は気仙沼、南三陸で被災された方々の報告を伺った。環境教育に関わっていた漁師、教師、教育委員会の方々。伊里町契約会という結の文化を元禄6年から守り続ける伝統ある会の会長もいらしていた。村をまるごと失った被災者の話しを聞くにはかなりの集中力と精神力を要する。基本体力勝負だと思っているが、かなり消耗した。筋トレしててよかった。
でも、貴重な話しをたくさん伺うことができた。後半、石巻と気仙沼で地元の雇用創出の試みを続ける山形のNGO方の発表もあった。8月に基金が底を尽きる予定で試みに関する情報の拡散が急務。支援が必要だ。(キャッシュフォーワーク)。改めて、山形に取材に行き震災リゲインのサイトや復興支援新聞で記事にする予定。
中越地震以来、各地で支援活動を続けている方の報告もあった(中越防災安全推進機構)。そう、どこかでいつも災害が起きている。今日の支援者は明日の被災者だ。その逆もしかり。最近よくこのことを思う。「自分ごと」として考えることが如何に大事か。想像力や感受性の問題でもある。制度も、復興案も、「自分ごと」でなければちゃんと作れない。
参加者も今回は多種多様な方々が集まっておられ独自の支援活動をしている方がほとんどだったように思う。
コミュニティーの再生についての被災者の方の話しが心に残っている。よそ者にはわからない村人の役割。そこを大切に、丁寧に、互いに愛でることで、またかつての村の関係性が少しずつ思い出される。一人では生きて行けない地域に住む人たちの、結の文化は貴重だ。現代都市生活に慣れ親しんだ私たちが学ぶ事は多い。そう、まず私たちは学ばなければいけない。現場で、本当になにが大切なのかを。寄り添わなくちゃいけない。

「忘れないで欲しい」「会合をしてるくらいなら動いてくれ」「ちゃんと【一緒に】考えて欲しい」という切実な声に身が引き締まる想いだ。

近々、伊里町契約会の会長に会いに行く。彼らは自分たちのあたらしい町を自分たちで協議して作り始めている。目をみて、握手して、約束したから、必ず行く。
4月に調査に入った際に会った人たちにも、また会いに行こう。
[PR]
by LS_LAB | 2011-06-27 04:01 | 震災リゲイン

【EVENT】Be Nature School「自分という自然を生きる vol.2」

【日時】2011年7月3日(日)13:00開場
【場所】ラ・ケヤキ新宿区内藤町1-6   千駄ヶ谷駅徒歩10分
  http://www.l-amusee.com
【定員】30名
【会費】8000円(第一部及び第二部の縁側ごはんの会のドリンク・食事代含む)  
【プログラム】
 〈第一部〉・トークセッション&ワークショップ・13:30-17:30
  ●トークセッション
  いま、はじめて語る。志村季世恵&松元恵の浮かんだり沈んだりの人生航路。
  ●ワークショップ
  一人ひとりが見つける、自分なりの「突き抜けスイッチ」

 〈第二部〉・縁側ごはんの会(交流会)17:45-19:30
  季節を感じる身体に染みいるごはんと飲み物を、ケヤキの庭を眺めながら、
  縁側で楽しみます。

あなたの生活は、3/11以降、変わりましたか?それとも変わった様に見えて、実は変わってないですか? 社会状況はめまぐるしく動いていますが、どんな影響を受けていますか?家や職場はそのままだから、いままで通りだって言えますか? なんだか、変わったような変わっていないような、変わりたいのに、変えたくないことがありそうな、そんなアンビバレンス(両面価値感情)はありませんか。
 私にはあります。だから正直ちょっとしんどい。でも今回の震災は、もうちょっと先だと思っていた変化を、一気に早めただけなのだと思います。 気づいていたのに、蓋をしたり、流していたものが、ぐぐっと迫ってきたので、アンビバレンスにのだと思います。
そんな時の解決方法はきっと自分なりに突き抜けること。 今回は3.11以前からずっと突き抜けた人生を歩んできた、強き女性をお招きし、突き抜けるコツを学びたいと思います。
 トークセッション&ワークショップで突き抜けるコツを学んだあとは、身体にしみいる縁側ごはんで満たされて元気になりましょう。

Be-Nature School代表・森 雅浩 

vol2ケヤキチラシ第2回.pdf
[PR]
by LS_LAB | 2011-06-24 11:25 | ラ・ケヤキ

【EVENT】インタビューの教室 ラ・ケヤキ編

【日時】2011年9月18, 19日(日・月祝)
    両日とも9:00〜21:00/通い型
【ファシリテータ】西村佳哲
【場所・共催】ラ・ケヤキ(東京・四谷)
    http://www.lakeyaki.com/access/
【参加費】18,000円
【定員】12名(先着順)
 ※詳細は以下のサイトをご確認ください。
http://www.livingworld.net/interview1109/


インタビューの教室・ケヤキ編
ひとの話をきく、感覚と技術をめぐる2日間
 
「インタビューの教室」の週末2日間版を、東京都心部の別荘の
ような邸宅「ラ・ケヤキ」で開催します。
ひとの話を「きく」感覚と技術について、インタビューという
かかわり方を通じて学び、試し、味わえる場をつくります。
僕(西村佳哲)はインタビューの最中、なにをしているのか?
を、一つのサンプルとしてお伝えしながら、参加する方々が、
各自のインタビューや「話をきく感覚と技術」を吟味する機会を
形づくりたいと思います。

◎持ち物:
  ・ノート、筆記用具
  ・クリップボード
  ・ICレコーダー(ないしテープレコーダー)
   +ヘッドフォン or イヤホン など
 
◎お申込み方法:
 以下の事項を、8/12(金)まで にメールでお送りください。
 ・お名前:
 ・連絡用メールアドレス:(複数可)
 ・連絡用電話番号:
 ・ご住所:
 ・ご年齢:
 ・性別:
 ・お仕事・専攻など:(差し支えのない範囲で結構です)
 ・お申込みの動機:(必要ですが選考時の素材にはしません)
 送付先:interview1109@livingworld.net お申込み受付中
 
◎お申込み完了までの流れ:
催行人数の10名に達した時点で各人に連絡します。1週間以内を目処に参加費をお振り込みいただき、その確認をもって参加申込み完了となります。
[PR]
by LS_LAB | 2011-06-22 11:01 | ラ・ケヤキ

【EVENT INFO】関係性の科学vol.2 参考資料

7/2(土)に開催の「関係性の科学vol.2」について

前回「関係性の科学vol.1」で、専門用語が多く理解に時間が
かかったというご意見をいただきました。
ということで、今回対談をお願いしている、大谷卓史さん、小阪淳さんから
今回のテーマ「あいまいさと偶然性」を聞いていただくにあたり
参考になりそうな書籍を紹介いただきましたので、アップします。

『偶然性の問題』 九鬼周造 著 岩波書店
縮小_偶然性の問題_表紙.jpg

『交換と所有 現代哲学の冒険10』 編集委員:市川浩、加藤尚武、坂部恵、坂本賢三、村上陽一郎 岩波書店
縮小_kokan_syoyu.jpg

『現代倫理学入門』 加藤尚武 講談社学術文庫
縮小_kato_gendairinrigaku.jpg

『機械の現象学』 坂本賢三 著 岩波書店
縮小_sakamoto_kikai.jpg

『先端技術のゆくえ』 坂本賢三 著 岩波新書
縮小_sakamoto_sentan.jpg
[PR]
by LS_LAB | 2011-06-21 17:29 | ラ・ケヤキ

【EVENT】西村佳哲さん企画/西原由記子さんとすごす10時間。→予約受付終了しました。

【おかげさまで、「西原由記子さんとすごす10時間」は多くの方にご予約をいただき、
定員数に達しました為、予約受付を終了させていただきました。たくさんのご応募ありがとうございました。】


 日時 :2011年8月14日(日)10〜20時
 ゲスト:西原由記子(東京 自殺防止センター)
 ファシリテータ:西村佳哲
 ケータリング:三原寛子(南風食堂)
 場所 :ラ・ケヤキ(東京・四谷) 
http://www.lakeyaki.com/access/
 参加費:12,000円(昼食と夕食の2食付き)
 定員 :12名/先着順
 共催 :ラ・ケヤキ
 
ラ・ケヤキにて、「西原由記子さんとすごす10時間」を開催します。
西村さんは松野、相澤が『A』という雑誌を編集していた十数年前に知合い、その後注目し、信頼しているちょっとお兄さん的存在です。4月17日のBe Nature Schoolの企画にご参加頂き、今度は西村さんご自身に、ラ・ケヤキでの企画をご一緒させていただけることになりました。西原さんにお目にかかれるのもとっても楽しみです。

企画詳細は、以下のLiving WorldさんのHPより。
http://www.livingworld.net/110814nishihara/

a0192239_22133941.jpg


 ◎お申込み方法:
 以下の事項を、7/10(日)まで にメールでお送りください。先着順で受け付けます。
  ・お名前:
  ・連絡用メールアドレス:(複数可)
  ・連絡用電話番号:
  ・ご住所:
  ・ご年齢:
  ・性別:
  ・お仕事・専攻など:(差し支えのない範囲で結構です)
  ・お申込みの動機:(必須、ただし選考用途ではありません)
  送付先:110814@livingworld.net
 ◎お申込み完了までの流れ:
  7/10に〆切を設定していますが、お申込み催行人数の10名に達した時点で各人にご連絡
  します。数日以内に参加費をお振り込みいただき、その確認をもって参加申込み完了と
  なります。
[PR]
by LS_LAB | 2011-06-14 14:18 | ラ・ケヤキ

【EVENT】関係性の科学vol.2 | 2011年7月2日(土)

世界はあまりにも複雑で手に負えない。
でも、焦らずに、少しずつ、世界と私たちの繋がりかたについて、ひも解いてみる。
私たちは何とどう繋がり、何を得て何を失うのか、いまここで、じっくり考えてみる。


関係性の科学 vol.2 『あいまいさと偶然性』
guest : 大谷卓史× navigator : 小阪淳

科学技術は、あいまいさや偶然性を排除することで、
世界を改造し、コントロールできるものに変えてきた。
私たちが手に入れてきた豊かさや安全、快適さはこの成果だ。
しかし、私たち自身やさまざまな情報の領域に残っていたあいまいさや偶然性を排除することは、
人生や文明の意味を大きく変えてしまう予感がある。
あいまいさや偶然性は人生や世界にとってどんな意味があるのだろう。
情報技術や生命技術があいまいさや偶然性を排除することの意味を考えていこう。

【日時】2011年7月2日(土)15:00開場 16:00開演
【プログラム】16:00~19:00 大谷氏プレゼンテーション&対談(途中休憩有)
       19:00~21:00 懇親会
【会費】3500円(food+お茶付)
【予約】keyaki.time@gmail.com
※上記メールへ「件名:関係性の科学 予約とし、お名前、参加人数、連絡先(e-mail、電話番号)」
    をご記入のうえ、ご予約ください。所定人数に達し次第、受付終了いたします。
【場所】ラ・ケヤキ 新宿区内藤町1-6
http://www.lakeyaki.com/access/
【問合せ】事務局:小口 080-4383-2525
【主催/企画】L'AMUSEE LS_LAB / 相澤久美・小阪淳
      
【プロフィール】
大谷卓史
1967年千葉県生まれ.吉備国際大学国際環境経営学部准教授.専門は情報倫理学と科学技術史.千葉大学大学院文学研究科修士課程修了後,情報系出版社の編集者,フリーのサイエンスライター,東京大学大学院工学系研究科博士課程を経て現職.共著書に『P2Pがビジネスを変える』(翔泳社,亀井聡,高橋寛幸との共著),共訳書にヴィクター・J.カッツ『カッツ 数学の歴史』(共立出版,上野健爾・三浦伸夫監訳)など。

小阪淳
1994年-2000年SFマガジン(早川書房)装画担当。2000年-'04年朝日新聞にビジュアル連載。2004年沖縄市ワンダーミュージアムに作品常設。文化庁メディア芸術祭 審査委員会推薦作品。
2006年Sony Explora Science(北京)に4作品常設。文部科学省「一家に一枚宇宙図2007」制作に参加。2007年カンヌ国際広告祭2007 Cyber Lions銅賞受賞。2010年東京書籍「宇宙に恋する10のレッスン」出版(共著)2011年高岡市市場再開発プロポーザル。

表-2.jpg

裏.jpg
[PR]
by LS_LAB | 2011-06-13 10:06 | ラ・ケヤキ

釧路にて羊と野菜と

昨日から釧路にきている。9月末にラ・ケヤキで開催予定の『釧路ちっくライフ 3days』の打合せと現地視察。今後、ラ・ケヤキでは、面白い地方を東京で紹介して行くイベントを不定期に開催予定。昨年行った『宮古ちっくライフ3days』がベースにあるけれど、そもそも「辺境的中心論」について、前々から松野と話していて、具体的にそれを追ってみよう、という試みでもある。

理論は松野、実践は相澤。そんな役割分担。
今回釧路でお会いしたのは、羊飼いの酒井さんと、木工作家で無肥料農業を実践する農家でもある勝水さん。勝水さんを紹介してくれた浦さん(ちゅうちゃん)と一緒の旅。
a0192239_18182040.jpg

私はたくさん地方を回っているが、これまで以外と南が多かった事に気づいた。九州は、淡路は豊かだ。土地も肥沃で天候にも恵まれている。それにくらべて、当たり前なんだけど、釧路は過酷だ。冬には外気がマイナス30度まで平気でおちる。野菜を育てるには気温、日照共に足りないと言われる。草しか育たない。だから、酪農が盛んになる。

まあとにかく、いろんな話しを聞いて非常に面白かったのだけど、地方の暮らしを語る時、この貧しさに注目することも大事だなと思った。貧しく、不便がゆえに生き生きしている。苦しんでもいる、でもだからそこに創意が生まれている。自ら創造的でなければ生き抜いていけない。
家も自分で作る、装置も作る、食べるものも作るし取りに行く。「北の国から」は極端だけど、ホントあんな感じ。生きるコトとくらしと働くこと(仕事)が、全てイコール。人生=当たり前のように仕事、なわけだ。

生きているなあ、この人たち。逞しさ、バリバリ。生きる力、みなぎっていた。

私も41歳になるころから、この思いがとても強い。人生=仕事。生きるために働く、ではなくて、生きるコトそのものが仕事。

羊飼い、という職業は過酷だけど、衣食住の全てをまかなえるこの仕事は確かに魅力的だ。そこに惹かれて、自分自身を「羊飼い」に調教する為、おそらく現代的な暮らしに慣れ親しんだ自分の身体と思想をリセットする為、酒井さんは一年間モンゴルに住んだ。
a0192239_18282047.jpg

a0192239_18272769.jpg

勝水さんは、栄養過多で腐ってしまう有機野菜をみて、肥料の多い野菜により多くのアブラムシがつくさまをみて、いま、無肥料栽培に取り組んでいる。きっかけは様々だか、木工作家として一定の評価を得ているのに農家も志した。でも、彼の作る家具と無肥料栽培された野菜たちは似ている。昨晩はこごみや干大根をいただいたが幸せな味がした。
a0192239_18282861.jpg

a0192239_18294576.jpg

この貧しい土地で生きる。サバイバルだ。行政は元気ない。地元の理解もない。でも、全て自分でやる楽しさがある。楽じゃない。北海道は土地が広くて離れているから、人間関係のあり方も南とは全然違う。周りにも頼るが、孤軍奮闘が多い気がした。ここにはつくる人だけでなく、繋ぐ人も必要だな、と思った。

どこに生きるか。
生き方は、当然ながらその土地の生態により大きく左右される。どこで生まれ、どこで育つか、もモチロン同様。私は長く山形に住んでいた。父の生まれも山形。だからやはり、身体に東北が染み付いているな、というコトに最近になってようやく気が付いた(^_^;)

酒井さんも勝水さんも、話し始めると面白い話しばかり出て来る出て来る。時間を忘れ夜中まで飲み語り、宿が閉まる!と慌てて引き上げたのは深夜だが、彼らは早朝から働かなくてはならない。私はベッドの上でiPhoneポチポチしながら、さて、これから風呂にはいるか、などとのんきな有様。ちと反省。仕事の邪魔しちゃったなあ。彼らの仕事は待ったなしだから。命と日々向き合う仕事。

2人は、秋にラ・ケヤキに来てくれる。また飲みながら、みんなも一緒にたくさん話そう。羊が一頭やって来る。衣食住を担える羊。この命、丸ごと一頭を体験し尽くしてね。
無肥料野菜も届く。今日私が雑草を抜いた畑にできるジャガイモや、日本一美味しいと評判のカボチャもくる。美味しく食べて、買って帰ることもできると思う。ホント美味しいから、お楽しみに。
a0192239_18302776.jpg

案内出すので遊びに来てね。他にもいろんな展示、ワークショップを企み中です。

栄養過多では羊も野菜も育たない。
人も一緒。
a0192239_18272197.jpg

[PR]
by LS_LAB | 2011-06-12 18:33 | ラ・ケヤキ


LSの建築以外の活動情報をお届けします


by LS_LAB

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
LS LABとは?
foo
サイレントヴォイス
震災リゲイン
ラ・ケヤキ
新世界
NPO法人淡路島アートセンター
ノマド村
サラヴァ東京
東麻布メモ
いちい書房
ファクトリープロジェクト
家族・友人
その他
未分類

以前の記事

2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

最新の記事

【EVENT】辺境的中心に生..
at 2012-04-12 18:32
【EVENT】関係性の科学 ..
at 2012-02-25 21:08
ニッポン建設映像際フライヤー..
at 2012-02-25 20:47
「女川町:みんなのための蒲鉾..
at 2012-02-23 08:04
黄色いテーブル:Gomaと淡路で
at 2012-02-04 15:06

リンク

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧