9ヶ月後。

12月11日。3.11の震災から9ヶ月が経つ。
この震災リゲインという活動を4月1日から初めて、8ヶ月と少し。とにかく動く事優先で東北各地に赴き、目の前にあるやらなくちゃ行けない事をやる、という相変わらず頭の悪い不器用な動き方を続けてきた。メディアといいつつ、なにをしてきたのかをちゃんと伝える事すらまともに出来てこなかった。反省。これから少しずつ、ちゃんと誰のためになにをしているのか伝えていこう。
a0192239_16265064.jpg
震災リゲインのHPも実は出来ている。

でもまだまだ未整備で、伝えたい事を自由に伝えられるだけの自由さはない。また設計過程。
今週、またサイトの打合せがあるので、またちょっと進むといいなぁ。

a0192239_16132892.jpg

紙媒体は、『bloblo』と協力して1度関東で10万部配布したけれど、
その後は『震災リゲインプレス』としての発行を継続するため準備中。
全国1万部をまずは。

他のみんなの情報も間に別紙で挟み込んで配布出来ればいいなあ、と妄想中。

震災リゲインには主にみっつ役割がある
1)震災関連の情報アーカイブ及びそれらを系統立て整理し足りていない情報を探る
2)被災者、支援者(個人・企業・行政)などをつなぎ、支援の支援をする。
3)上記活動を通して具体的な支援の呼びかけを紙媒体。

どれも、揺れ続ける日本で、次の震災に備えるため。
1人でも多くの人が震災から身を守る事ができるように、震災を忘れないでいて欲しいから。
これが、大きな目的だ。

前者「アーカイブ」を高木が、後者「つなぐ」を相澤が担当し、お互い情報交換をしながら進めている。最後に吐き出す先が紙媒体。二人ともそもそも忙しいのでカメの歩みのようではあるが、沢山の方々の協力を得ながら、少しずつ記事や映像等もできつつある。

今、私たちがなにをしているか、今日は私が担当している「つなぐ」についてご報告。
ひとつひとつ解説すると大変なことになるので、すごく短く(笑)。プロジェクト名と、震災リゲインの役割と、なにをつなげているか。繋いでいるカッコの最初は、プロジェクトの言い出しっぺ。

1)棚プロジェクト/プロデュース(森ひろこ○企業○記録班)
被災地に棚を届ける。棚づくりワークショップで仮設住宅内のコミュニケーションを促進。1人じゃつくれない棚。次の震災に向けてLLP化、相澤・若松も組合員・・・。

a0192239_16475482.jpg
2)女川 対話工房/プロデュース(海子揮一+小山田徹○アーティスト○行政○大使館○記録班)
女川復興連絡協議会の皆さんと女川町立病院前にできたプレファブのカフェづくりを。人が集まりたい対話が出来る場所をつくる。私は対話工房のメンバーでもある。海子×小山田インタビュー映像はコチラ

3)放射能測定/コーディネート(日本ラボテック○専門家○農家さん他)
検体を郵送すると9,450円(税込み)で食品や土壌などのベクレル検査をしてくれる体制を、検査会社に立ち上げてもらった。心配がある人は誰でも頼めます。セシウム、要素など分離測定可能。

4)なみのおと/配給協力(監督○上映先)
濱口竜介、酒井耕の両監督による津波被害を受けた人々の「対話」の記録。日本全国での上映をめざす。いい映画です。情報はこちら。

5)なみのこえ/プロデュース(監督○プロダクション○出資者○上映先)
「なみのおと」の続編。サイレントヴォイスLLPという芹沢高志と立ち上げたプロダクションでプロデュースすることに・・・。「かたログ」ご覧下さい。

6)女川連絡復興協議会/コネクト(FRK)のまちづくり(FRK○企業○大使館○AfH○建築家)
海子揮一の紹介で、FRKが考える復興の過程で必要な街の諸機能を整えるお手伝い。

7)生活支援ボランティアツアー/コーディネート(旅行代理店○現地ボランティア○ツアー客)
被災者の生活再建のために直接役立ち、地元の方と交流を持てるツアーの企画。人数不足で初回は断念。

a0192239_16554423.jpg
8)雄勝マザーミサンガ支援/コネクト(トモノテ中川千鶴○県外支援者)
雄勝のマザーミサンガの販売促進。渋谷で販売。別府で販売中。今後も増やして行きたい。

a0192239_17242043.jpg
9)歌津町仮設支援・網戸設置/コーディネート(仮設住宅住民○大工○建築家)
ハエの侵入にこまていた漁師の仮設住宅で網戸設置。横浜から大工と建築家に来てもらいました。
今後も必要があれば継続してお手伝い。

10)株式会社マルタ拓洋水産支援/コーディネート(千葉正美○編集者○デザイナー)
漁師が新しく立ち上げた牡蠣養殖の会社。支援促進のためチラシづくりなどお手伝い。サイトも立ち上がりました。

11)土ブロック/コネクト(アトリエ天工人○被災地)
現地の土で建材ができる。雇用に繋がるかもしれない。阪神大震災以来震災支援を考えているアトリエ天工人の山下氏の活動を現地で紹介しています。

12)モバイルすまいるプロジェクト/コネクト(NPO法人N.C.S○被災地)
固定の建物を立てられない被災地に、トレーラーハウスだけど将来ちゃんとした建築にもなる強度も断熱性能など快適性も高いモバすまを現地でご紹介。仮設旅館群など検討中。

13)文具配布/ディストリビュート(ハイタイド○被災地)
文具メーカー「HIGHTIDE」による文房具寄付支援をサポート。被災地で文具を必要としている場所に供給。現在は地元商店に影響しないよう、ワークショップへの参加記念品として少量ずつ提供。被災地外での支援バザーも検討中。

14)家具配布/ディストリビュート( hh&style.com○被災地)
子供用の椅子を被災地に支援したい家具メーカーをサポート。パントンジュニアは震災リゲインプロデュースのワークショップでは会場に華やかさを加え子供やお年寄り(!)に大人気。エレファントチェアは南三陸の児童館に寄付が決定。女川での設置も検討中。

などなど、他にもこまごま。今日は福島県いわき市の人達がラ・ケヤキでイベントをしている。ドイツ大使館や、Architecture for Humanity に情報提供をしたりしてもいる。

************************************

つなぐ役割が必要だ、と痛感する。場所によってあまりに状況が違う。対応の仕方も違ってくる。支援したい人も様々。繋がるところは放っておいても繋がるが、誰の手も届かないところがまだたくさんある。どうしていいかわからなくて立ち往生しているところがある。誰かがちょっと繋げるだけで、復興が少しでも前に進むのであれば、その役割を担いたい。自分はただ結び目をつくるだけでいい。

「点と点が繋がり、線が見えてきて、その先に面が広がる」と最近よく聞く。確かに。
でもこれは、点同士が点在しているままではダメで、孤立した点は「よいしょっ」と一部つまんで引っ張ってきて、きゅきゅっと結んであげる役割がまず必要。線だらけになったままでもだめで、そこに「よいしょっ」って面を形成するために風呂敷でもなんでも広げる人がいなくちゃいけない。じゃないと、スカスカのネットワークのまんま、線と線は交差しすれ違うだけ。

こういうことしようとする人は以外とすくない。「職業」とか「ジャンル」として確立されていないからか?だから喰っても行けない(笑)からか?あとね、結構大変。大したコトしていないのに扱う情報量は増えるし、毎度個別解で方法論の確立も難しい。

コネクターとかスプレッダーとか、そういう「肩書き」ができればいいのかな??

と、ちょっと話しがそれましたが、最近東北に通っているのは、こんな理由です。多分私以外誰も全貌を知らないだろう。それが問題・・・(^ ^;)。ボチボチ仲間を増やしています。ご協力頂ける方、いつでも募集です。
[PR]
# by LS_LAB | 2011-12-11 17:35 | 震災リゲイン

【EVENT】「Listenいわき」 -光の鳥-

南アジア中心に海外での支援活動を行う「特定非営利法人シャプラニール」さんが、東日本大震災の支援活動の一環といsて福島県いわき市に暮らす人々を「ラ・ケヤキ」に招きます。彼らが今どんなことを考え、どんな気持ちでいるのか?彼らの生の声を機器、想像し、次に何かをできるかを皆で考えます。福島のこどもたちのメッセージが記された「光の鳥」のポストカードが会場内を飛び交います。ラ・ケヤキも支援のお手伝いをしたいと思っています。

◆展示「Listenいわき」 -光の鳥-
【展示会期】  
【日時】2011年12月9日(金)~12月11日(日) 9日:open 11:00 ~ close 20:00
 10日:open 11:00〜close 18:30 11日:終日参加者限定のワークショップ

勉強会「Listenいわき」−お茶でも飲みながら話しましょう−
【日時 】 2011年12月10日(土)14:00~16:00 
  ※12:00~13:30 DVD 「原発、ほんまいかいな?」 (アジア太平洋資料センター編)を上映
   参加費は別途となりますが、こちらもあわせてどうぞ。
【参加費 】 勉強会 500円
        (DVD視聴のみ500円 / DVD+勉強会参加 1000円)
【申込】お名前、連絡先をsnbenkyou@gmail.com(小寺)へメール送付
   または東(アズマ)070-6648-6283(18時~)までご連絡をお願いします。
   →当日予約受付可
【主催】シャプラニールボランティア有志の会

ワークショップ「Listenいわき」 -いわきの人々の声-
 ※Listenいわき」 -いわきの人々の声- のワークショップは予定人数に達したため、予約受付を終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。
【日時】2011年12月11日(日) 13:00~17:00
【参加費】3000円 (寄付+お茶、お菓子)
【参加申し込み】 限定40名 →予約受付終了
  http://www.shaplaneer.org/listen/listen.html

  当日の模様は、Ustreamでも放送する予定です。
  詳細はまたあらためてお伝えします。
【プログラム】
  13:00 受付開始
  13:30 趣旨説明とシャプラニールの活動
       (内山智子)
  14:00 いわきの人の話を聴こう 
       (吉田隆治さん、志賀秀範さん)
  15:30 休憩(お茶、おやつ)
  15:40 グループに分かれての対話
  16:15 全体共有
  17:00 終了

【会場】   
  「ラ・ケヤキ」 新宿区内藤町1-6    
  http://www.lakeyaki.com/access/

〈被災前のいわきの映像と震災当時のいわきの写真を展示いたします。〉
  映像は、被災前のいわきの海岸線を映したもの。 
  写真は、地元新聞社であるいわき民報社から
  お借りしました。
  http://www.iwaki-minpo.co.jp/

〈光の鳥をいわきへ〉
  「ラ・ケヤキ」にお越しいただいたみなさんにも いわきへのメッセージを「光の鳥」に
   託していただきます。
   それらのはがきは、12月中旬より いわき駅前にある被災者のための交流スペース
「ぶらっと」でも展示される予定です。
  あなたのメッセージをお寄せください。「光の鳥」を届けませんか?
  他府県に避難している方、被災地にいる親戚、友達、知人、縁ある誰かへ。
  sign.png

  なにもないけれどいわきへ何かという方もどうぞ。

■光の鳥プロジェクト
吉田重信氏によるプロジェクト。2004年、人々の幸せと平和を願いイスタンブール
より開始。重信氏が作製したはがきにメッセージや絵を描き、そのはがきを別の展覧会
にて鳥の姿に模して展示し、展示会終了後友人、知人などの元に郵便で届けるというもの。
日本国内はもとより、トルコやフランス、フランスなど海外でも行われてきた。はがきが
移動するという行為自体も作品の一部となっている。はがきが渡り鳥のように世界中を渡り、
人と人をつないでゆく。
[PR]
# by LS_LAB | 2011-12-09 19:45 | ラ・ケヤキ

新春「開運」のってけ祭り 元気でいこうじゃないか!2012

ラ・ケヤキで連載企画をしてくれている
Be-Nature Schoolの新年会が開催されます!
2012年1月14日(土)13:00-18:00 @ラ・ケヤキ

「2011年は大変な年だった。これからもいろいろ大変だとは思うけど、この地球で生きていることに感謝の気持ちを込めて、2012新年会を実施します! 都心にありながら自然豊かな一軒家「ラ・ケヤキ」を舞台に、お庭や和室もフルに活用した真冬の縁日みたいな賑わいの場で会いましょう!」

とのことで、かなり豪華で楽しい内容です。ふるってご参加下さい。
詳しくはコチラをご覧下さいませ!★お申し込みが必要です。

ちらっとだけ中身をご紹介。

「おやじトリオ on STAGE」
サキソフォーン:中野民夫、ギター:森 雅浩、パーカッション:高尾潤
Be-Nature School初の試み!レパートリーは少ないけれど魂はこもってます。

「Be-Nature杯争奪 新春羽突き大会」
エントリーは誰でもOK。勝ち抜いた方にはBe-Natureからプログラム参加券¥10000をプレゼント。

「Food & Drink」
・バル・エスパニョール、おでんばー、セルフ焼き餅、パエリアづくりワークショップ

なんだか楽しそうではないですか!?私もアテンド忘れて楽しんじゃいそうです。
皆様のお越しをお待ちしております。

相澤久美
[PR]
# by LS_LAB | 2011-12-07 00:37 | ラ・ケヤキ

【EVENT】いま、ガビンさんが試そうとしていること

以下のイベントは予約人数に達しました。
多数のお申し込み、誠にありがとうございます。
以降はキャンセル待ちとして受付しております。


【日時】2011年11月26日(土) 15:30開場  
【ファシリテータ】西村佳哲
【ゲスト】伊藤ガビンさん
【プログラム】
 15:30 開場
 16:00〜19:00 ガビンさんとトークセッション
 19:00〜 美味しい晩ご飯(食後適宜解散)
【EVENT】いま、ガビンさんが試そうとしていること

西村佳哲さんと伊藤ガビンさんのイベント開催決定しました。

(以下、「リビングワールドサイトより抜粋」)
奈良に加えて、もう3時間(晩ご飯付)
今年の1月に奈良県立図書情報館で開催されたフォーラム「自分の仕事を考える3日間」のオオトリは、伊藤ガビンさんでした。
そのインタビューは西村佳哲の近刊『わたしのはたらき』(弘文堂・11月末)で同じくオオトリを飾ります。
が、本が出る直前に(発売記念イベントなら後にすればいいのに)、両名につながりのある素敵な場所「ラ・ケヤキ」のスケジュールに空きがあることがたまたま判明し、急遽トークセッション企画しました。(言い出しっぺは西村)
111126gabin.jpg

 
詳細はまだ相談中で、直前まで相談してる可能性大なんですが、とりあえず二人の間で決まっていることは
・奈良のフォーラムの形式で、2.5時間語り合う
・当日語られるのは「いま、試そうとしていること」
・台所もあるし、美味しい晩ご飯食べたい
の三点。ケータリングを誰に頼むかは、二人の「この人の料理いいな」センサーで検討中。
111126gabin02.jpg
ガビンさん近影。本人のTwitter(@gabin)より。
 
この夏、西村は『いま、地方で生きるということ』(ミシマ社)という本を書きましたが、これからデザインやらなんやら「なにかをつくり出す仕事」は、どこで、どんなふうに可能なんでしょうね?
ロードマップがあるわけじゃなくて、トコトコ歩きながら道を見出していくことになるんでしょうけど。
ガビンさんと、もう少し話を交わしてみたいと思います。ご興味のある方、遊び半分でお越しください。

【場所・共催】ラ・ケヤキ(東京・四谷)
【参加費】4,500〜5,000円 3500円(食事を中心に検討中)
【定員】約30名(先着順)
【詳細情報 申込方法】以下のサイトをご確認ください
 http://www.livingworld.net/111126gabin/
[PR]
# by LS_LAB | 2011-11-02 20:27 | ラ・ケヤキ

POST311これからデザインにできること@AXIS

AXISで開催される「POST 311 これからデザインにできること」という展覧会のトークゲストとしてお招き頂きました。「震災リゲイン」での活動についてお話します。10月30日(日)。お時間ある方お出掛け下さいませ。

私は10月30日の15:00〜。建築家のヨコミゾマコトさんとご一緒。
a0192239_1245518.jpg



ヨコミゾマコトさんも、雄勝町で支援活動をされているということで、一緒の会。
今回の震災では、本当に沢山の方々が支援活動をされていて、「震災リゲイン」という震災専門のメディアだ、と言っても、全ての情報を把握する事はまずもって不可能。河北新報の記者でさえ、それは困難、と話している。まあ、メディアなんて所詮そんなものだ。現場では常に物事動いていて、現場の人達は常にそこであらゆることに直面している。その、ほんの一部しか私たちは伝える事はできない。しかも、「私たち」というあるフィルターを通して伝えることになる。自分なりの事実を知るには、現場に出向き、自分の目でみて耳で聞いて全身で体感しなければホントはわからない。でも、皆がそれを出来る訳ではない。だから、その代わりを、私たちメディアがなんとか伝えようとする。

とはいえ、これを機会に、また様々な方と情報交換ができれば嬉しい。
私たち「震災リゲイン」というメディアの役割は、支援している方々を支援することだと思っている。支援に繋がる情報を流し続けたい。ショッキングなニュースやインパクトのある情報を流すつもりはない。元気で頑張る人々の姿を知る事で支えられる。そんな情報を発信し続けたい。

な〜んて話しをしてくるのかなぁ?今の活動を説明するだけでは、多分膨大な時間がそこに費やされて終わるので、それは避けなくちゃ。ヨコミゾさん他、となっていますが、誰が来てどんなお話を聞けるのか、楽しみです。

震災、災害関連のお仕事っぷりとしては、プラスアーツの永田さん達の活動は素晴らしいなあ、と思っています。阪神の震災から始められた活動。もう年季が違う。私はあの時、当事者性を持って震災を受け止める事はできなかった。今回、子供の親になっていたり、なんとなく自分の生き方や仕事についても見えてきていたり、更に東北と言う馴染み深い場所での大きな震災であったり、歳も取ったし・・・とキッカケは様々だけど、4月に始めた「震災リゲイン」の活動は多分ずっと続けると思う。
AXISのこの企画は、彼らも企画に関わっているとのことで、混ぜていただき嬉しい限り。声をかけてくれた岡野民さんには心から感謝。遅ればせながら、この揺れ続ける日本で、少しでも震災に強い一人一人であってもらうための活動、ご一緒させて頂ければ、幸い、と本当に思う。
a0192239_12382574.jpg

[PR]
# by LS_LAB | 2011-10-24 13:08 | 震災リゲイン


LSの建築以外の活動情報をお届けします


by LS_LAB

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
LS LABとは?
foo
サイレントヴォイス
震災リゲイン
ラ・ケヤキ
新世界
NPO法人淡路島アートセンター
ノマド村
サラヴァ東京
東麻布メモ
いちい書房
ファクトリープロジェクト
家族・友人
その他
未分類

以前の記事

2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

最新の記事

【EVENT】辺境的中心に生..
at 2012-04-12 18:32
【EVENT】関係性の科学 ..
at 2012-02-25 21:08
ニッポン建設映像際フライヤー..
at 2012-02-25 20:47
「女川町:みんなのための蒲鉾..
at 2012-02-23 08:04
黄色いテーブル:Gomaと淡路で
at 2012-02-04 15:06

リンク

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧