『関係性の科学』vol.1<伊勢田哲治>

ラ・ケヤキでは、5月から対談形式のトークライブ『関係性の科学』が連続で開催されます。
ラ・ケヤキ連載第一弾です。ナビゲーターは美術家で宇宙論にも通じる小阪淳。
科学にも興味津々、ラ・ケヤキの"マダム敦子"も期待の企画です。

その第一回目、ゲストと日程が決まりました!
2011年5月9日(月)(時間、会費など未定)
ゲストは京都大学で科学哲学の教鞭をとる伊勢田哲治さん。
『疑似科学と科学の哲学』『認識論を社会化する』『哲学思考トレーニング』などの著書があります。

昨年夏の企画初期の段階から、小阪淳と共に、なんとかお願いできないかと、
お手紙を書いたり、資料を送ったり、メールをしたりアプローチを続けていました。
今月頭に京都大学の研究室まで直接お会いしに行き、話しを聞いていただき、ようやくご了承頂いた。とっても嬉しい。
世代的に私たちと近いので、この場で話した事を、この先もずっと共に考え続けて行ける人。

私たちにとって科学とはなにか?というシンプルな問いからスタートします。

「知りたい」という人間の基本的な欲求。
「よりよく」という初動の善意の行為。
でも、なにか1つ得ることで、なにか1つは失われる。
「ある」を得て「ない」を失う、この単純な交換の原理をベースに考えた時、
私たちは科学をどう捉えるのか?
そもそも、「科学」ってなんなのか?
時代によってもその位置づけ、意味は変わっている。

科学哲学、科学史、科学技術社会論を研究される方々。
さまざまな分野の科学研究を続ける方々。
それらの技術を使い現場にいる方々。
科学性と詩的、情緒的感性を統合する方々。

様々な方をお呼びして、シリーズでお届けして行きます。絶対面白い。
トークの後は、軽い食事とお酒と一緒にゲストを交えた懇親会。
トークを聞いた後の感想など話し合いましょう。

詳細が決まったらまたアップしますので、ぜひお出掛け下さい。

生命と科学。moreではなくlessの科学。これらの関係性について。
私は、この企画を通じてそんなことを考えてみたい。

[azw]
[PR]
by LS_LAB | 2011-02-27 12:13 | ラ・ケヤキ


LSの建築以外の活動情報をお届けします


by LS_LAB

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
LS LABとは?
foo
サイレントヴォイス
震災リゲイン
ラ・ケヤキ
新世界
NPO法人淡路島アートセンター
ノマド村
サラヴァ東京
東麻布メモ
いちい書房
ファクトリープロジェクト
家族・友人
その他
未分類

以前の記事

2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

最新の記事

【EVENT】辺境的中心に生..
at 2012-04-12 18:32
【EVENT】関係性の科学 ..
at 2012-02-25 21:08
ニッポン建設映像際フライヤー..
at 2012-02-25 20:47
「女川町:みんなのための蒲鉾..
at 2012-02-23 08:04
黄色いテーブル:Gomaと淡路で
at 2012-02-04 15:06

リンク

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧