【EVENT】関係性の科学vol.2 | 2011年7月2日(土)

世界はあまりにも複雑で手に負えない。
でも、焦らずに、少しずつ、世界と私たちの繋がりかたについて、ひも解いてみる。
私たちは何とどう繋がり、何を得て何を失うのか、いまここで、じっくり考えてみる。


関係性の科学 vol.2 『あいまいさと偶然性』
guest : 大谷卓史× navigator : 小阪淳

科学技術は、あいまいさや偶然性を排除することで、
世界を改造し、コントロールできるものに変えてきた。
私たちが手に入れてきた豊かさや安全、快適さはこの成果だ。
しかし、私たち自身やさまざまな情報の領域に残っていたあいまいさや偶然性を排除することは、
人生や文明の意味を大きく変えてしまう予感がある。
あいまいさや偶然性は人生や世界にとってどんな意味があるのだろう。
情報技術や生命技術があいまいさや偶然性を排除することの意味を考えていこう。

【日時】2011年7月2日(土)15:00開場 16:00開演
【プログラム】16:00~19:00 大谷氏プレゼンテーション&対談(途中休憩有)
       19:00~21:00 懇親会
【会費】3500円(food+お茶付)
【予約】keyaki.time@gmail.com
※上記メールへ「件名:関係性の科学 予約とし、お名前、参加人数、連絡先(e-mail、電話番号)」
    をご記入のうえ、ご予約ください。所定人数に達し次第、受付終了いたします。
【場所】ラ・ケヤキ 新宿区内藤町1-6
http://www.lakeyaki.com/access/
【問合せ】事務局:小口 080-4383-2525
【主催/企画】L'AMUSEE LS_LAB / 相澤久美・小阪淳
      
【プロフィール】
大谷卓史
1967年千葉県生まれ.吉備国際大学国際環境経営学部准教授.専門は情報倫理学と科学技術史.千葉大学大学院文学研究科修士課程修了後,情報系出版社の編集者,フリーのサイエンスライター,東京大学大学院工学系研究科博士課程を経て現職.共著書に『P2Pがビジネスを変える』(翔泳社,亀井聡,高橋寛幸との共著),共訳書にヴィクター・J.カッツ『カッツ 数学の歴史』(共立出版,上野健爾・三浦伸夫監訳)など。

小阪淳
1994年-2000年SFマガジン(早川書房)装画担当。2000年-'04年朝日新聞にビジュアル連載。2004年沖縄市ワンダーミュージアムに作品常設。文化庁メディア芸術祭 審査委員会推薦作品。
2006年Sony Explora Science(北京)に4作品常設。文部科学省「一家に一枚宇宙図2007」制作に参加。2007年カンヌ国際広告祭2007 Cyber Lions銅賞受賞。2010年東京書籍「宇宙に恋する10のレッスン」出版(共著)2011年高岡市市場再開発プロポーザル。

表-2.jpg

裏.jpg
[PR]
by LS_LAB | 2011-06-13 10:06 | ラ・ケヤキ


LSの建築以外の活動情報をお届けします


by LS_LAB

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
LS LABとは?
foo
サイレントヴォイス
震災リゲイン
ラ・ケヤキ
新世界
NPO法人淡路島アートセンター
ノマド村
サラヴァ東京
東麻布メモ
いちい書房
ファクトリープロジェクト
家族・友人
その他
未分類

以前の記事

2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

最新の記事

【EVENT】辺境的中心に生..
at 2012-04-12 18:32
【EVENT】関係性の科学 ..
at 2012-02-25 21:08
ニッポン建設映像際フライヤー..
at 2012-02-25 20:47
「女川町:みんなのための蒲鉾..
at 2012-02-23 08:04
黄色いテーブル:Gomaと淡路で
at 2012-02-04 15:06

リンク

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧