【告知!ケヤキ新連載】『辺境的中心に生きる』

お知らせ。

ラ・ケヤキで、新しい連載を始める。ケヤキが企画・主催するイベントは、基本全て連載。一回だけのイベントはやらない。一回じゃあわからないから・・・。同じテーマで考察を繰り返しながら、手探りで進んで行くのが好き。やりながら見えてくることがある。参加してくれた方の一言でなにかが大きく変わる事もある。そんな企画ばかり・・・(^ ^;)。

「辺境的中心論」は、LS代表・松野が今年の年賀状にも書いたテーマだ。内田樹さんの『日本辺境論』を受けてのことだったと思う。でも、それより前から「なんだか地方で出会う人に面白い人多いぞ」と話してき。特に、九州の江副家の存在は大きい。昨年四月には、小豆島移住の話しもあったが、個人的には「自分がどこに住むか」、ということよりも、「辺境的中心」に暮らす人々に会う度に覚える感動多く、そのことについて考え続けてきた。

a0192239_2174236.jpg←最近訪れた福岡県うきは市の養豚場にあるカフェとオーナー杉くん

引越を数十回もしている私は、移動が大好きで、一生旅して歩きたいと思うくらい。宮本常一の本に出会ってから特に、あんなふうに日本中歩き回って、いろんな人に出会いながら、その場を記憶しながら歩き続ける事ができたらいいなあ、と夢想している。実際今も、かなりの割合で東京にはいない。いつもどこか知らない土地で、新しい誰かに会っている事が多い。知合いになりその場に魅了されると、繰り返しその地を訪ねる事になり、結果プロジェクトが生まれたりする。いや、勝手に生み出す、と言った方が正しいか・・・。子供が成長したら、糸の切れた凧状態になるに違いない。

誰もが私のように動き回れるわけでもない。でも、この楽しさ、魅力、感動はなんだか未来にむけて必要な気がするんだ・・・というわけで、今回の企画。


*********************************
『辺境的中心に生きる』

「辺境」を辞書で引くと「中央から遠く離れた地帯」「辺鄙な場所」とある。日本の首都は東京であり、経済活動の中枢でもあるここを中心とすれば、東京以外の全地域は辺境と言える。しかし同時に、これら辺境なくして東京は、日本は成立しない。

a0192239_2484087.jpgこの日本を下支えする辺境の地で、土に着き、悠久の時間に連なる暮らしの日常を、逞しく生きる人々がたくさんいる。一人で生きて行く事が難しいと実感できる地方での暮らし。寄り合いに近い、結の契約会が残る地域、過疎高齢少子の問題があっても、そこで生きる事をあきらめない人々。ここが、自分の生きる場所だと言える人たちがいる。
失われてしまった事は多い。しかし、彼らは失われた事を嘆くばかりでなく、自分達の手元に残る細い記憶の糸をたぐりよせ、繕い、肉付けし、懐かしくも新たな未来を提示しようとしている。彼らに会いに行くと、元気になる。中央を見るばかりでなく、自分たちの手と目と声、そして心が届く範囲の地域にある資産を活かし、新たな関係性を築き、未来へ命をつないで行こうとする動きがある。そこにあるのは辺境的中心。それが、日本各地に散らばっている。

a0192239_2493779.jpgそんな辺境に生きる人々の日常を、このラ・ケヤキで再現したい。片鱗でも、かれらの逞しい生き様を体感して欲しい。地域の気候風土が違うのと同様に本当に多様な生き様があり、同時に共通する点も多い。彼らの暮らしぶりから、我々都市生活者が学ぶ事は多いはずだ。

a0192239_2481294.jpg東京でも地方でも、必然性を見失った「コミュニケーション」を取り戻そうとする動きが盛んに行われる。失われたものには、失われるだけの必然性があった。過去にそれらがなぜ失われたか、今どのような状況なのか、そして未来に私たちは何を望み、得たいのか、ケヤキの木の下で、ゆっくりと考える機会を設けてみたい。

これから先の未来、私たちは何を得て、何を失うのか、各々が考える時代だと思う。辺境的中心を結んで行くと、新しい日本の未来地図ができるのではないか?そんな事も夢想している。

*******************************
シリーズvol.00 宮古島|宮古ちっくライフ3days|2010年11月(終了)
シリーズvol.01 釧路|厳しい日常のあたたりまえの豊かさ|2011年9月9日(金)〜11(日)
シリーズvol.02 筑後|九州ちくご元気計画in Tokyo|2011年10月30日(金)〜10月2日(日)

詳細は追ってご案内しますが、年内は上記2地域の皆さんが東京に来てくれる。
その他、津屋崎、うきは、淡路島、別府、丹後、高島、鹿児島、などなど・・・目論んでいる場所は沢山。いずれ、東北シリーズもやりたい。

必ずその場所ならではの「美味しいご飯!!」がやってくるので、皆さんぜひお出掛け下さいね。
a0192239_1252937.jpg
これは、宮古ちっくライフ3daysの時のランチプレート。宮古島の旬の野菜と島豆腐やお麩だけのヘルシー料理。本当に美味しくて、小食の私もお替わり!したほどでした。

[PR]
by LS_LAB | 2011-08-08 03:10 | ラ・ケヤキ


LSの建築以外の活動情報をお届けします


by LS_LAB

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
LS LABとは?
foo
サイレントヴォイス
震災リゲイン
ラ・ケヤキ
新世界
NPO法人淡路島アートセンター
ノマド村
サラヴァ東京
東麻布メモ
いちい書房
ファクトリープロジェクト
家族・友人
その他
未分類

以前の記事

2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

最新の記事

【EVENT】辺境的中心に生..
at 2012-04-12 18:32
【EVENT】関係性の科学 ..
at 2012-02-25 21:08
ニッポン建設映像際フライヤー..
at 2012-02-25 20:47
「女川町:みんなのための蒲鉾..
at 2012-02-23 08:04
黄色いテーブル:Gomaと淡路で
at 2012-02-04 15:06

リンク

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧