【EVENT】ニッポン建設映像祭 番外編

ニッポン建設映像祭 番外編
a0192239_191072.jpg
ニッポン建設映像祭 番外編

20世紀という空前絶後の「建築の時代」を一挙に振り返る。
映し出される都市・建築の姿は、過去の遺物ではなく、未来へのメッセージだ。
ーいま「開発」を再考する。新世界で再び待望の上映決定!

【日時】
3月8日(木) 開場:19:00/開演:19:30
【料金】
ご予約、当日共:2,000円+ワンドリンク付
定員50名
【会場】
音楽実験室 新世界
ホームページ(http://shinsekai9.jp/
【アクセス】
東京都港区西麻布1-8-4 三保硝子B1
(最寄り駅:日比谷線六本木駅2番出口)
都営大江戸線、地下鉄日比谷線「六本木駅」2番出口より、六本木通りを西麻布方面へ徒歩8分、六本木通り沿い
  渋谷駅より、都営バス六本木方面「六本木六丁目」停留所下車、六本木通りを西麻布方面へ徒歩1分、六本木通り沿い
マップURL(http://shinsekai9.jp/map/
【問合せ先】
音楽実験室 新世界 
TEL:03-5772-6767 FAX:03-5772-6797
下記URLの予約フォームよりご予約頂けます。
http://shinsekai9.jp/ticket/

【スケジュール】
1:「東京タワー建設記録」(1959年、33分)
2:「千里山団地建設記録」(1956年、30分)
 ゲストトーク:「磯 達雄×芹沢 高志」
3:「パレスサイド・ビルディング−完成までの記録−」(1966年、21分)
4:「大林組と万国博」(1970年、28分)
 オープントーク
5:「空間の創造−国立京都国際会館−」(1966年、27分)

【作品紹介】
「東京タワー建設記録」(1959年、35分)
身のすくむ高さで平然と作業するトビたち。世界最高の自立式鉄塔を実現したのは、
彼らの伝統の技だった。
見下ろせば、映画「ALWAYS三丁目の夕日」で描かれた昭和30年代初めの東京の風景が広がる。
これが昭和の真実だ。
(所在地=東京都港区/設計:内藤多仲、日建設計/施工=竹中工務店)
「千里山団地建設記録(集団住宅建設記録)」(1956年、30分)
日本住宅公団最初期の団地、千里山団地の造成前の風景から建設の様子そして竣工後の
暮らしぶりまで紹介。
うなるブルドーザー!疾走する猫車!「夢の住まい」実現に挑む公団と工事関係者の熱意が、スクリーンからほとばしる。
(所在地=大阪府吹田市/設計=久米設計/施工=大林組、戸田組、奥村組、熊谷組、鍵仲建設、三井建設)
「パレスサイド・ビルディング」(1966年、21分)
皇居と首都高に挟まれた敷地にすっくと建つ、傑作ビルディング。冒頭には敷地に建っていた
あの建築の最後の姿まで...。
絶叫と歓喜に満ちた21分間の衝撃!
(設計=日建設計、施工=大林組、竹中工務店)
「大林組と万国博」(1970年、28分)
千里丘陵の造成から万博開幕までを、大林組が担当した19のパビリオンを中心に紹介。
現場を統括する総合工事事務所は戦場のほう。クライマックスはお祭り広場の「大屋根リフトアップ」。現場には緊張感が漲り、そして歓喜の瞬間が...。
(所在地=大阪府吹田市/設計=丹下健三ほか/施工=大林組ほか)
「空間の創造ー国立京都国際会館ー」(1966年、27分)
戦後3大コンペのひとつである壮大な国際会議場が、古都・京都に出現するまでのドキュメント。
大谷幸夫の創造過程をドラマ仕立てで再現。映像に記録されたオリジナルの空間が、今も目の前に
あることの奇跡!
(設計=大谷幸夫/施工=大成建設、1973年増築)

【ゲスト紹介】
磯 達雄(1963年 埼玉県 生まれ。)
1988年 名古屋大学 工学部 建築学 科卒業。1988~1999年『 日経 アーキテクチュア』編集部勤務。 2000年に独立。2002年から編集事務所・フ リックス タジオを共同主宰。 桑沢デザイン研究所 および 武蔵野美術大学 非常勤講師 。UCFA(アンダーコンストラクション・フィルム・アーカイブス)メンバー。

芹沢高志 (1951 年東京生まれ) 
P3 art and environment エグゼクティブ・ディレクター
神戸大学数学科、横浜国立大学建築学科を卒業後、(株)リジオナル・プランニング・チームで生態学的土地利用計画の研究に従事。その後、東京・四谷の禅寺、東長寺の新伽藍建設計画に参加したことから、89年にP3 art and environment (http://www.p3.org/) を開設。99年までは東長寺境内地下の講堂をベースに、その後は場所を特定せずに、さまざまなアート、環境関係のプロジェクトを展開している。帯広競馬場で開かれたとかち国際現代アート展『デメーテル』の総合ディレクター(2002年)、アサヒ・アート・フェスティバル事務局長(2002年~)、横浜トリエンナーレ2005キュレーター、別府現代芸術フェスティバル2009『混浴温泉世界』総合ディレクター。慶応大学理工学部非常勤講師(2001年~2006年、建築論)。著書に『この惑星を遊動する』(岩波書店)、『月面からの眺め』(毎日新聞社)、訳書にバックミンスター・フラー『宇宙船地球号操縦マニュアル』(ちくま学芸文庫)、エリッヒ・ヤンツ『自己組織化する宇宙』(工作舎、内田美恵との共訳)など。


(共催)アンダーコンストラクション・フィルム・アーカイブ(UCFA)、LS_LAB
(協力)音楽実験室 新世界
[PR]
by LS_LAB | 2012-01-31 19:01 | 新世界


LSの建築以外の活動情報をお届けします


by LS_LAB

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
LS LABとは?
foo
サイレントヴォイス
震災リゲイン
ラ・ケヤキ
新世界
NPO法人淡路島アートセンター
ノマド村
サラヴァ東京
東麻布メモ
いちい書房
ファクトリープロジェクト
家族・友人
その他
未分類

以前の記事

2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

最新の記事

【EVENT】辺境的中心に生..
at 2012-04-12 18:32
【EVENT】関係性の科学 ..
at 2012-02-25 21:08
ニッポン建設映像際フライヤー..
at 2012-02-25 20:47
「女川町:みんなのための蒲鉾..
at 2012-02-23 08:04
黄色いテーブル:Gomaと淡路で
at 2012-02-04 15:06

リンク

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧